マスコミ

【社会】左翼マスコミの暴走を監視せよ!…iRONNA発

1 : ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★
インターネットの質問投稿サイトで、興味深いやりとりを見つけました。

投稿主の問いは「日本のメディアに左翼が多いのは何故ですか?」というものですが、この質問のベストアンサーに選ばれた内容が簡潔にまとめてあって、とても分かりやすかったので紹介いたします。

《発端は、戦後の公職追放です。日本を占領したGHQは戦争の指導者を追放するという理由で、あらゆる業界から一定以上の役職にいた人間を職場から追放しました。その空いた席に入り込んできたのが、戦前戦中の反体制派だった「左翼」なのです。GHQは戦後統治の一環として、先の大戦は日本が悪い日本人が悪いという意識を植え付けるために、マスコミや教育界を利用しましたが、この2つの業界が予想以上に拡大してしまったのです》

*+*+ 産経ニュース +*+*http://www.sankei.com/column/news/151012/clm1510120006-n1.html
続きを読む

【マスコミ】韓国駐在の日本人記者「韓国から離れたい…」「韓国マスコミの毎日の反日報道で頭がおかしくなる」

1 : 鴉 ★@\(^o^)/
【外信コラム】韓国疲れの蓄積 毎日の反日報道に「頭がおかしくなるよう…」

 日本でも時々テレビで紹介される、北朝鮮のテレビニュースのアナウンサーは独特かつ異様だ。周知のようにひどく威張っていて押しつけがましく、「いったい何様のつもりなんだ!」という感じの物言いをする。
北朝鮮には「宣伝扇動部」という重要機関があり、ああいう口調も国民を洗脳するための“宣伝扇動術”とされている。

 日本で以前、北朝鮮情報を伝える専門通信社で長年そうしたニュースを聞き翻訳を担当してきた人がとうとう精神を病んで辞職したという例がある。あの「北朝鮮調」に疲れ、耐えられなくなったのだ。

 最近、ソウル駐在の日本人記者にかなり異動があった。ソウル留学を含め長く韓国を担当してきたその一人が「今後は韓国から離れたい」としみじみ語っていた。
「疲れた」という。とくに仕事柄、毎日接する韓国マスコミの反日報道に「頭がおかしくなるような気がする」といっていた。

 一方、日本人男性と結婚し日本に住んでいる知人の韓国人女性が夏休みで里帰りし、「マスコミが毎日、日本の悪口ばかりいっているのには驚いた。これじゃ国民の頭がおかしくなるのでは…」
と心配していた。
「光復70周年」のこの夏、豊かに発展した「偉大な韓国」を誇りながら、隣国への限りない悪口はどうしたことだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150822-00000536-san-kr
続きを読む

【マスコミ】フジTVの番組で韓国人の翻訳字幕が異なっていた問題、審議対象にせず - BPO

1 : ムサシノ原人 ★
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/11/kiji/K20150911011113750.html  放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は11日、フジテレビの番組「池上彰緊急スペシャル!」で、韓国人への取材映像と翻訳字幕が異なっていた問題を審議対象にしないと決めた。後日の放送で訂正したためとしている。

 テレビ大阪「たかじんNOマネーBLACK」は、大阪都構想を扱う映像で不適切な編集が指摘されていたが、申し立てた自民党大阪市議団側が問題にしない意向を示し、審議しないと決めた。

 茨城県つくば市の住民投票をめぐり、偏った放送があったとして同市が審議を申し立てたTBS「噂の!東京マガジン」は、放送倫理上の問題がないとの意見で一致、討議しないことを決めた。

[ 2015年9月11日 23:06 ] 

続きを読む

【マスコミ】池上彰が斬る! 「朝日より読売、産経が問題」

1 : 克己復礼 ★
 従軍慰安婦と福島第一原発事故に関する一連の誤報、著者のコラム掲載拒否騒動、続く社長の引責辞任と、朝日新聞が大きく揺れた1年。折しも国会では安全保障法制審議がヤマ場を迎え、その報じ方に各紙の違いがより先鋭化している。『池上彰に聞く どうなってるの?  ニッポンの新聞』著者の池上彰氏に聞く。

■ 朝日新聞の誤報問題から1年、新聞は変わったのか

 ──まず朝日問題ですが、この1年を振り返ってどうお感じですか? 

 過去の従軍慰安婦報道について訂正はしましたがその訂正が不十分だったし、謝罪をしなかった。謝罪しなかったことを批判したらコラム掲載拒否を伝えられ、今度は社内が大騒ぎになった。それを機に体質を含めた朝日の問題が一気に噴き出した。一つひとつそれらを検証し、自分たちを変えようと努力はしました。

 朝日的な物の見方への異論・批判に紙面を開くフォーラム機能も充実させました。朝日の論調に真っ向から反対する人にも話を聞くようになりましたね。安保法制論議でも賛成・反対両方の意見を載せている。朝日の報道に物申すというような、有識者による検討会議もできました。朝日自身でだいぶ自浄作用を働かせたんじゃないかと思いますね。

 ──他紙への波及効果は? 

 たとえば朝日は訂正欄をきちんと設けるようになった。単に「ここが誤りでした、訂正します」じゃなくて、たとえば資料の確認が不十分だったとか、その経緯まで説明しています。最近は他紙でも、きちんと訂正したうえで、「お詫びします」の文字が入るようになりましたね。

 読売新聞や産経新聞は、フォーラム機能で両論を載せることは今も絶対にしません。が、読売では特ダネを出す際にそれを客観的に検討する委員会が社内にできた。誤報を防ぐ仕組みを作ったという点で、朝日を見てわがふり直した、ってことでしょうね。そういう意味では一定のいい影響を与えたんでしょう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150906-00082234-toyo-soci>>2以降に続く

続きを読む

【安保法案】菅官房長官「野党やマスコミに戦争法案と宣伝され、誤解生じたのは極めて残念」 

1 : 孤高の旅人 ★
  菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、安全保障関連法案に反対する市民団体などが国会周辺で開いた30日の集会に関し

「一部の野党やマスコミから『戦争法案』『徴兵制の復活』などと宣伝され、大きな誤解が生じていることは極めて残念だ」

と述べた。

 菅氏は「わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。国民の生命と平和な暮らしを守るのは政府の責任だ。万が一に備える必要があることも訴え、誤った認識を解く努力をしたい」と強調した。

 同時に、法案に賛同するデモが実施されていることを挙げ、「国民にはさまざま声があるのも事実だ」と指摘した。

http://www.sankei.com/politics/news/150831/plt1508310029-n1.html ★1:2015/08/31(月) 12:46:08.83前スレ【安保法案】菅官房長官「野党やマスコミに戦争法案と宣伝され、誤解生じたのは極めて残念」 ★2(c)2ch.nethttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1441008301/
続きを読む

【安保法案】菅官房長官「野党やマスコミに戦争法案と宣伝され、誤解生じたのは極めて残念」 

1 : 孤高の旅人 ★
  菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、安全保障関連法案に反対する市民団体などが国会周辺で開いた30日の集会に関し

「一部の野党やマスコミから『戦争法案』『徴兵制の復活』などと宣伝され、大きな誤解が生じていることは極めて残念だ」

と述べた。

 菅氏は「わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。国民の生命と平和な暮らしを守るのは政府の責任だ。万が一に備える必要があることも訴え、誤った認識を解く努力をしたい」と強調した。

 同時に、法案に賛同するデモが実施されていることを挙げ、「国民にはさまざま声があるのも事実だ」と指摘した。

http://www.sankei.com/politics/news/150831/plt1508310029-n1.html ★1:2015/08/31(月) 12:46:08.83前スレ【安保法案】菅官房長官「野党やマスコミに戦争法案と宣伝され、誤解生じたのは極めて残念」 [\(^o^)/](c)2ch.nethttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1440992768/
続きを読む

【安保法案】菅官房長官「野党やマスコミに戦争法案と宣伝され、誤解生じたのは極めて残念」

1 : きゅう ★
 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、安全保障関連法案に反対する市民団体などが国会周辺で開いた30日の集会に関し

「一部の野党やマスコミから『戦争法案』『徴兵制の復活』などと宣伝され、大きな誤解が生じていることは極めて残念だ」

と述べた。

 菅氏は「わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。国民の生命と平和な暮らしを守るのは政府の責任だ。万が一に備える必要があることも訴え、誤った認識を解く努力をしたい」と強調した。

 同時に、法案に賛同するデモが実施されていることを挙げ、「国民にはさまざま声があるのも事実だ」と指摘した。

http://www.sankei.com/politics/news/150831/plt1508310029-n1.html
続きを読む

【高槻中学生殺害】猫じいも被害者の親も「犯人」扱いしたマスコミの大罪

1 : 忍次郎 ★
 犯人がなかなか逮捕されない殺人事件において、特定の人をターゲットにし「犯人」扱いして報道するケースがままある。大阪・高槻市で起こった中学1年生の平田奈津美さん殺害事件において、寝屋川市在住の山田浩二容疑者(45)が死体遺棄の疑いで逮捕された。行方不明となっていた平田さんの同級生、星野凌斗くんも遺体で発見される最悪の結末となった。

 平田さんの遺体が見つかったのが8月13日の夜。それから1週間あまり、マスコミによってまるで「犯人」のような扱いをされてしまった人物が何人かいた。

「猫じいは犯人ではない」ツイートが拡散される

 犯人が逮捕されるまで連日、新聞やテレビの取材を受けていた43歳の男性。地元で「猫爺(じい)」と呼ばれ、親しまれている有名人だ。猫好きで、事件現場近くのコンビニの前で猫にエサをあげるのが日課。ひげをたくわえ、ニットキャップ、長い鎖を首にかけている風貌だ。

 平田さんと星野くんと「猫じい」との接点については、「12日深夜に猫じいが二人と話しているのを友人が目撃した」 と報道されている。

8月20日の日刊スポーツでは、目撃した人の声として、「時間が遅いので、違和感があった」 と記されている。その頃から、「犯人は猫じいではないか?」という疑いのツイートが増えていった。( >>2 以降に続きます )

デイリーニュースオンライン 2015.08.24 07:00http://dailynewsonline.jp/article/1004846/
続きを読む

【高槻中学生殺害】山田容疑者について地元マスコミ関係者「当時は“渡利”という名字でしたが、変えたのでしょう」

1 : くじら1号 ★
 鬼畜にも劣るとは、この男のことだ。大阪・寝屋川市立中1年の平田奈津美さん(13)殺害事件で、21日、大阪府警に死体遺棄容疑で逮捕された寝屋川市香里新町の山田浩二容疑者(45)。福島県内で除染作業員をしていたというが、歪みきった前科があった。

「山田容疑者は、除染作業員を派遣する関東の会社に登録し、先月中旬から3カ月契約で働き始めた。今月12~16日はお盆休み。寝屋川市の実家に帰省していたそうです」(捜査事情通) 奈津美さんの遺体が発見されたのは13日。帰省してすぐに凶行に及んだわけだが、実はこの男、13年前にも、寝屋川市などで立て続けに車に連れ込む監禁事件を起こしていたのだ。それも、中高生ら“10代の少年”ばかりを狙っていた。

「当時は“渡利”という名字でしたが、事件後に変えたのでしょう。山田容疑者は02年3月30日の深夜、寝屋川市内の路上で、当時14歳の中2の少年に、『寝屋川市駅はどこ』などと声をかけ、道案内を頼むフリをして車に乗せた。そこでいきなり『俺は警察や』などと脅して手錠をかけ、翌日未明まで少年を連れ回した揚げ句、粘着テープで両手を縛り、市内の駐車場に放置したのです。数日後に逮捕監禁などの容疑でお縄になりました」(地元マスコミ関係者)

 山田容疑者は同じ時期に、門真市や枚方市、大阪市でも同様の事件を起こしていた。いずれも殺してはいないが、車に監禁した男子高生(当時17)の顔にライターで火をつけて軽傷を負わせるなど、サディスティックな一面をみせていたという。

 21日に柏原市内の雑木林で遺体で見つかった、奈津美さんの同級生の星野凌斗君(12)の顔や手にも粘着テープが巻かれていた。名字を変え、13年経った今も、山田容疑者の“ビョーキ”はまったく治っていなかったわけだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/163005
続きを読む

時事通信が記事書き換え 菅長官発言「マスコミが洗脳」→「宣伝」

1 : 黒胡椒 ★
日本報道検証機構, 2015年8月22日

時事通信が8月22日午後、「野党・マスコミが洗脳=菅長官」という見出しで記事を配信したが、まもなく見出しが「専守防衛は不変=『徴兵制あり得ない』-菅長官」に書き換えられていたことが、わかった。当初の記事では、菅義偉官房長官が同日、青森県弘前市で講演し、「戦争法案だとか徴兵制復活だとか、全くありもしないことだ。

(反対派は)一部野党やマスコミから洗脳されている。日本の自衛のためであり、他国のために一緒に戦争するものではない」と発言したと報じていた。しかし、修正後の記事では、菅長官の発言箇所が「戦争法案だとか徴兵制復活だとか、全くありもしないことだ。そうしたことが一部野党やマスコミから宣伝されているが、日本の自衛のためであり、他国のために一緒に戦争するものではない」に改変されていた。どちらが正確な発言だったかは不明。日本報道検証機構は、講演の録音などエビデンス情報の提供を求めている(→通報ページ)。時事通信社に質問することも決めた。

NHKも同日、同じ講演をニュースで報じていたが、菅長官の発言は「『戦争法案』とか、『徴兵制復活』だとか、全くありもしないことを一部の野党やマスコミが宣伝している」と引用している。ただ、ニュースサイトで公開されている動画には該当部分の音声は入っていない。

http://gohoo.org/15082201//
続きを読む

【話題】菅官房長官「安保反対派は野党・マスコミに洗脳されている」

1 : どどん ★
 菅義偉官房長官は22日、青森県弘前市で講演し、安全保障関連法案について「戦争法案だとか徴兵制復活だとか、全くありもしないことだ。(反対派は)一部野党やマスコミから洗脳されている。日本の自衛のためであり、他国のために一緒に戦争するものではない」と説明した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150822-00000071-jij-pol
続きを読む

【社会】栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始

1 : 孤高の旅人 ★
栃木県南西部に位置する田畑が広がるのどかな一帯。児童数わずか70人あまりの小さな市立小学校に異変が起きたのは4月中旬だった。この小学校に子供を通わせる母親が相次いで命を絶ったのだ。

最初に亡くなったA子さんとB美さんは親友ともいえる「ママ友」だった。B美さんはA子さんの葬儀で友人として弔辞を述べたわずか数日後に自死した。

連続自殺の背景には、ママ友によるいじめがあったと7月3日に読売新聞の栃木県南版が小さく報じた。ともに子供がいじめられたA子さん、B美さんが改善を訴えると他の母親から「母親失格」などとなじられ、LINEで陰口を叩かれたという。

その後、本誌が詳報すると小さな町は一変した。有志の警備員がいたるところを巡回し、町内会長や小学校の校長名で《記者等が訪問した際、わからない事には、はっきりと 「わからないです。お引き取りください。」とお伝えください》との紙が一軒一軒にポスティングされた。ある地元住民は震えが止まらない。

「町内会関係者が町中を回り、“誰がマスコミに喋ったか、学校や同級生の母親が必死に探しているんです”と吹聴しています。町中から“お前、絶対に喋るなよ”と脅迫されているようで本当に怖い」

現場の喧騒とは裏腹に7月中旬以降、事件に関する報道は沈静化した。遺族名で「取材と報道の自粛」を求めるファクスが報道各社に届いたのだ。

もちろん、愛する人を突然失った遺族の意思は最大限に尊重されるべきで、本誌もいたずらに遺族のプライバシーを侵したいわけではない。だが、今回の件では、学校側の姿勢に大きな疑問が残る。別の地元住民が話す。

「私たちが“真実は何なのか”と問い合せても、校長や教頭が“もう解決している”と言うのみ。彼らの頭にあるのはマスコミ対策だけではないでしょうか。報道陣へのファクスも学校側が主導して作成し、遺族に署名してもらったと説明された。小学校から送ると送信先がわかって都合が悪いので、教職員らが手分けして複数のコンビニから送信したとも聞きました。遺族の心情が置き去りにされているような気がして、納得できない気持ちです」

※女性セブン2015年8月13日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150730-00000007-pseven-sociNEWS ポストセブン 7月30日(木)7時6分配信

★1:2015/07/30(木) 08:03:23.46前スレ【社会】栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始★2 [\(^o^)/](c)2ch.nethttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438243502/
続きを読む

【五輪】東京五輪エンブレム盗用疑惑にデザイン関係者から擁護の声 マスコミの偏向報道を問題視も

1 : 日本茶 ★
 東京2020オリンピックのエンブレムの盗用疑惑が世間を騒がせているが、国内のデザイン関係者の間ではデザインを手掛けた佐野研二郎に対する擁護や、マスコミの偏向報道を指摘する声が挙がっている。

 同エンブレムは、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会を通じて7月24日に発表。国内外から104作品が集まり、「入選」に選ばれたグラフィックデザイン業界の大御所と呼ばれている原研哉と葛西薫を抑えての抜てきだった。「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の頭文字「T」をモチーフにしたデザインがベルギーの劇場「Théâtre de Liège」のロゴと酷似しているとネット上で広まり、同劇場のロゴデザインを担当したとみられる事務所も公式Facebookで指摘するなど騒動に発展。また、スペインのデザイン事務所が東日本大震災の寄付を募るために作成したスマートフォンの壁紙用デザインにおいては配色も似ていると新たな指摘が浮上し、論争が過熱している。同委員会はデザインについて「問題はない」とコメントを発表している一方、同劇場のロゴデザイナーが法的手段を取る可能性を示している報道もあり、物議を醸し出している。

 この騒動について、国内の各デザイン関係者がSNS等でコメント。ナガオカケンメイは「シンプルで力強いデザインはグラフィックに限らず、似てきます。佐野さんくらいの世界的デザイナーが、完成されたデザインを真似ることはない」と前置きしつつ、「企業のマーク同様、類似調査を経て、登録申請後に発表されている訳だから、類似に値しないと判断されたと考えます」と綴っている。TwitterとFacebookを停止し「騒動から逃げているのでは」という声に対して、森本千絵は「(エンブレムデザインを発表する前から)とっくにFacebookやツイッターやめてて、逃げ隠れなんてしてないし、もっともそういうことが似合わない実直な人」と投稿。このほか、水野学や皆川明らも「盗用ではない」と見解を述べている。

 マスコミの偏向報道を問題視する声も挙がっている。中村勇吾は「すごく基本的な形態の組み合わせのシステムなので世界中探したらどっかに似たアウトプットは必ずあるだろう。これでパクリだと揚げ足取られると今後シンプルな提案は何も出来なくなる」とコメント。クリエイティブに関する法律について造詣が深い弁護士の水野祐は「著作権法は偶然似たものを侵害とはしない」といい、「『パクり』という言葉を使って煽ってるとしか思えない。発言を拾った報道側のリテラシーの問題では」と指摘している。

東京五輪のエンブレム盗用騒動について国内デザイン関係者がコメント 偏向報道を指摘する声も | Fashionsnap.comhttp://www.fashionsnap.com/news/2015-07-30/designer-emblem/ 前スレhttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438299365/
続きを読む

【五輪】東京五輪エンブレム盗用疑惑にデザイン関係者から擁護の声 マスコミの偏向報道を問題視も

1 : 日本茶 ★
 東京2020オリンピックのエンブレムの盗用疑惑が世間を騒がせているが、国内のデザイン関係者の間ではデザインを手掛けた佐野研二郎に対する擁護や、マスコミの偏向報道を指摘する声が挙がっている。

 同エンブレムは、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会を通じて7月24日に発表。国内外から104作品が集まり、「入選」に選ばれたグラフィックデザイン業界の大御所と呼ばれている原研哉と葛西薫を抑えての抜てきだった。「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の頭文字「T」をモチーフにしたデザインがベルギーの劇場「Théâtre de Liège」のロゴと酷似しているとネット上で広まり、同劇場のロゴデザインを担当したとみられる事務所も公式Facebookで指摘するなど騒動に発展。また、スペインのデザイン事務所が東日本大震災の寄付を募るために作成したスマートフォンの壁紙用デザインにおいては配色も似ていると新たな指摘が浮上し、論争が過熱している。同委員会はデザインについて「問題はない」とコメントを発表している一方、同劇場のロゴデザイナーが法的手段を取る可能性を示している報道もあり、物議を醸し出している。

 この騒動について、国内の各デザイン関係者がSNS等でコメント。ナガオカケンメイは「シンプルで力強いデザインはグラフィックに限らず、似てきます。佐野さんくらいの世界的デザイナーが、完成されたデザインを真似ることはない」と前置きしつつ、「企業のマーク同様、類似調査を経て、登録申請後に発表されている訳だから、類似に値しないと判断されたと考えます」と綴っている。TwitterとFacebookを停止し「騒動から逃げているのでは」という声に対して、森本千絵は「(エンブレムデザインを発表する前から)とっくにFacebookやツイッターやめてて、逃げ隠れなんてしてないし、もっともそういうことが似合わない実直な人」と投稿。このほか、水野学や皆川明らも「盗用ではない」と見解を述べている。

 マスコミの偏向報道を問題視する声も挙がっている。中村勇吾は「すごく基本的な形態の組み合わせのシステムなので世界中探したらどっかに似たアウトプットは必ずあるだろう。これでパクリだと揚げ足取られると今後シンプルな提案は何も出来なくなる」とコメント。クリエイティブに関する法律について造詣が深い弁護士の水野祐は「著作権法は偶然似たものを侵害とはしない」といい、「『パクり』という言葉を使って煽ってるとしか思えない。発言を拾った報道側のリテラシーの問題では」と指摘している。

東京五輪のエンブレム盗用騒動について国内デザイン関係者がコメント 偏向報道を指摘する声も | Fashionsnap.comhttp://www.fashionsnap.com/news/2015-07-30/designer-emblem/ 前スレhttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438286739/
続きを読む

【五輪】東京五輪エンブレム盗用疑惑にデザイン関係者から擁護の声 マスコミの偏向報道を問題視も

1 : 日本茶 ★
 東京2020オリンピックのエンブレムの盗用疑惑が世間を騒がせているが、国内のデザイン関係者の間ではデザインを手掛けた佐野研二郎に対する擁護や、マスコミの偏向報道を指摘する声が挙がっている。

 同エンブレムは、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会を通じて7月24日に発表。国内外から104作品が集まり、「入選」に選ばれたグラフィックデザイン業界の大御所と呼ばれている原研哉と葛西薫を抑えての抜てきだった。「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の頭文字「T」をモチーフにしたデザインがベルギーの劇場「Théâtre de Liège」のロゴと酷似しているとネット上で広まり、同劇場のロゴデザインを担当したとみられる事務所も公式Facebookで指摘するなど騒動に発展。また、スペインのデザイン事務所が東日本大震災の寄付を募るために作成したスマートフォンの壁紙用デザインにおいては配色も似ていると新たな指摘が浮上し、論争が過熱している。同委員会はデザインについて「問題はない」とコメントを発表している一方、同劇場のロゴデザイナーが法的手段を取る可能性を示している報道もあり、物議を醸し出している。

 この騒動について、国内の各デザイン関係者がSNS等でコメント。ナガオカケンメイは「シンプルで力強いデザインはグラフィックに限らず、似てきます。佐野さんくらいの世界的デザイナーが、完成されたデザインを真似ることはない」と前置きしつつ、「企業のマーク同様、類似調査を経て、登録申請後に発表されている訳だから、類似に値しないと判断されたと考えます」と綴っている。TwitterとFacebookを停止し「騒動から逃げているのでは」という声に対して、森本千絵は「(エンブレムデザインを発表する前から)とっくにFacebookやツイッターやめてて、逃げ隠れなんてしてないし、もっともそういうことが似合わない実直な人」と投稿。このほか、水野学や皆川明らも「盗用ではない」と見解を述べている。

 マスコミの偏向報道を問題視する声も挙がっている。中村勇吾は「すごく基本的な形態の組み合わせのシステムなので世界中探したらどっかに似たアウトプットは必ずあるだろう。これでパクリだと揚げ足取られると今後シンプルな提案は何も出来なくなる」とコメント。クリエイティブに関する法律について造詣が深い弁護士の水野祐は「著作権法は偶然似たものを侵害とはしない」といい、「『パクり』という言葉を使って煽ってるとしか思えない。発言を拾った報道側のリテラシーの問題では」と指摘している。

東京五輪のエンブレム盗用騒動について国内デザイン関係者がコメント 偏向報道を指摘する声も | Fashionsnap.comhttp://www.fashionsnap.com/news/2015-07-30/designer-emblem/ 前スレhttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438275391/
続きを読む

【五輪】東京五輪エンブレム盗用疑惑にデザイン関係者から擁護の声 マスコミの偏向報道を問題視も

1 : 日本茶 ★
 東京2020オリンピックのエンブレムの盗用疑惑が世間を騒がせているが、国内のデザイン関係者の間ではデザインを手掛けた佐野研二郎に対する擁護や、マスコミの偏向報道を指摘する声が挙がっている。

 同エンブレムは、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会を通じて7月24日に発表。国内外から104作品が集まり、「入選」に選ばれたグラフィックデザイン業界の大御所と呼ばれている原研哉と葛西薫を抑えての抜てきだった。「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の頭文字「T」をモチーフにしたデザインがベルギーの劇場「Théâtre de Liège」のロゴと酷似しているとネット上で広まり、同劇場のロゴデザインを担当したとみられる事務所も公式Facebookで指摘するなど騒動に発展。また、スペインのデザイン事務所が東日本大震災の寄付を募るために作成したスマートフォンの壁紙用デザインにおいては配色も似ていると新たな指摘が浮上し、論争が過熱している。同委員会はデザインについて「問題はない」とコメントを発表している一方、同劇場のロゴデザイナーが法的手段を取る可能性を示している報道もあり、物議を醸し出している。

 この騒動について、国内の各デザイン関係者がSNS等でコメント。ナガオカケンメイは「シンプルで力強いデザインはグラフィックに限らず、似てきます。佐野さんくらいの世界的デザイナーが、完成されたデザインを真似ることはない」と前置きしつつ、「企業のマーク同様、類似調査を経て、登録申請後に発表されている訳だから、類似に値しないと判断されたと考えます」と綴っている。TwitterとFacebookを停止し「騒動から逃げているのでは」という声に対して、森本千絵は「(エンブレムデザインを発表する前から)とっくにFacebookやツイッターやめてて、逃げ隠れなんてしてないし、もっともそういうことが似合わない実直な人」と投稿。このほか、水野学や皆川明らも「盗用ではない」と見解を述べている。

 マスコミの偏向報道を問題視する声も挙がっている。中村勇吾は「すごく基本的な形態の組み合わせのシステムなので世界中探したらどっかに似たアウトプットは必ずあるだろう。これでパクリだと揚げ足取られると今後シンプルな提案は何も出来なくなる」とコメント。クリエイティブに関する法律について造詣が深い弁護士の水野祐は「著作権法は偶然似たものを侵害とはしない」といい、「『パクり』という言葉を使って煽ってるとしか思えない。発言を拾った報道側のリテラシーの問題では」と指摘している。

東京五輪のエンブレム盗用騒動について国内デザイン関係者がコメント 偏向報道を指摘する声も | Fashionsnap.comhttp://www.fashionsnap.com/news/2015-07-30/designer-emblem/
続きを読む

【社会】栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始

1 : 孤高の旅人 ★
栃木県南西部に位置する田畑が広がるのどかな一帯。児童数わずか70人あまりの小さな市立小学校に異変が起きたのは4月中旬だった。この小学校に子供を通わせる母親が相次いで命を絶ったのだ。

最初に亡くなったA子さんとB美さんは親友ともいえる「ママ友」だった。B美さんはA子さんの葬儀で友人として弔辞を述べたわずか数日後に自死した。

連続自殺の背景には、ママ友によるいじめがあったと7月3日に読売新聞の栃木県南版が小さく報じた。ともに子供がいじめられたA子さん、B美さんが改善を訴えると他の母親から「母親失格」などとなじられ、LINEで陰口を叩かれたという。

その後、本誌が詳報すると小さな町は一変した。有志の警備員がいたるところを巡回し、町内会長や小学校の校長名で《記者等が訪問した際、わからない事には、はっきりと 「わからないです。お引き取りください。」とお伝えください》との紙が一軒一軒にポスティングされた。ある地元住民は震えが止まらない。

「町内会関係者が町中を回り、“誰がマスコミに喋ったか、学校や同級生の母親が必死に探しているんです”と吹聴しています。町中から“お前、絶対に喋るなよ”と脅迫されているようで本当に怖い」

現場の喧騒とは裏腹に7月中旬以降、事件に関する報道は沈静化した。遺族名で「取材と報道の自粛」を求めるファクスが報道各社に届いたのだ。

もちろん、愛する人を突然失った遺族の意思は最大限に尊重されるべきで、本誌もいたずらに遺族のプライバシーを侵したいわけではない。だが、今回の件では、学校側の姿勢に大きな疑問が残る。別の地元住民が話す。

「私たちが“真実は何なのか”と問い合せても、校長や教頭が“もう解決している”と言うのみ。彼らの頭にあるのはマスコミ対策だけではないでしょうか。報道陣へのファクスも学校側が主導して作成し、遺族に署名してもらったと説明された。小学校から送ると送信先がわかって都合が悪いので、教職員らが手分けして複数のコンビニから送信したとも聞きました。遺族の心情が置き去りにされているような気がして、納得できない気持ちです」

※女性セブン2015年8月13日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150730-00000007-pseven-sociNEWS ポストセブン 7月30日(木)7時6分配信

★1:2015/07/30(木) 08:03:23.46前スレ【社会】栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始 [\(^o^)/](c)2ch.nethttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438211003/
続きを読む

【社会】栃木ママ友連続自殺 地元でマスコミに漏らした犯人探し開始

1 : 砂漠のマスカレード ★
栃木県南西部に位置する田畑が広がるのどかな一帯。児童数わずか70人あまりの小さな市立小学校に異変が起きたのは4月中旬だった。この小学校に子供を通わせる母親が相次いで命を絶ったのだ。

最初に亡くなったA子さんとB美さんは親友ともいえる「ママ友」だった。B美さんはA子さんの葬儀で友人として弔辞を述べたわずか数日後に自死した。

連続自殺の背景には、ママ友によるいじめがあったと7月3日に読売新聞の栃木県南版が小さく報じた。ともに子供がいじめられたA子さん、B美さんが改善を訴えると他の母親から「母親失格」などとなじられ、LINEで陰口を叩かれたという。

その後、本誌が詳報すると小さな町は一変した。有志の警備員がいたるところを巡回し、町内会長や小学校の校長名で《記者等が訪問した際、わからない事には、はっきりと 「わからないです。お引き取りください。」とお伝えください》との紙が一軒一軒にポスティングされた。ある地元住民は震えが止まらない。

「町内会関係者が町中を回り、“誰がマスコミに喋ったか、学校や同級生の母親が必死に探しているんです”と吹聴しています。町中から“お前、絶対に喋るなよ”と脅迫されているようで本当に怖い」

現場の喧騒とは裏腹に7月中旬以降、事件に関する報道は沈静化した。遺族名で「取材と報道の自粛」を求めるファクスが報道各社に届いたのだ。

もちろん、愛する人を突然失った遺族の意思は最大限に尊重されるべきで、本誌もいたずらに遺族のプライバシーを侵したいわけではない。だが、今回の件では、学校側の姿勢に大きな疑問が残る。別の地元住民が話す。

「私たちが“真実は何なのか”と問い合せても、校長や教頭が“もう解決している”と言うのみ。彼らの頭にあるのはマスコミ対策だけではないでしょうか。報道陣へのファクスも学校側が主導して作成し、遺族に署名してもらったと説明された。小学校から送ると送信先がわかって都合が悪いので、教職員らが手分けして複数のコンビニから送信したとも聞きました。遺族の心情が置き去りにされているような気がして、納得できない気持ちです」

※女性セブン2015年8月13日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150730-00000007-pseven-sociNEWS ポストセブン 7月30日(木)7時6分配信

続きを読む

反対しているのは中韓だけ! 集団的自衛権「世界の常識」が理解できない左派マスコミにはウンザリだ

1 : 愛の眼鏡は偏光グラス ★
高橋洋一「ニュースの深層」2015年07月27日(月)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44375 日本は不思議な国

先週の本コラム「集団的自衛権巡る愚論に終止符を打つ! 戦争を防ぐための「平和の五要件」を教えよう」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44269)について、ある国際政治関係者から「今の日本の安全保障論争のみならず、論点を明確にいえない日本の国際政治・関係論にも挑戦にもなっている」と冷やかされた。

ポイントをいえば、つぎのとおりだ。きちんとした同盟関係をむすぶことで40%、相対的な軍事力が一定割合(標準偏差分、以下同じ)増すことで36%、民主主義の程度が一定割合増すことで33%、経済的依存関係が一定割合増加することで43%、国際的組織加入が一定割合増加することで24%、それぞれ戦争のリスクを減少させる(ブルース・ラセット、ジョン・オニール著『Triangulating Peace』171ページ)。

世界の多くの国がどこかと何らかの同盟関係をなぜ結ぶかといえば、そのほうが戦争のリスクを減らせるからである。集団的自衛権の行使は同盟関係の基本中の基本なので、何らかの同盟関係を結んでいる国では、本来、議論にさえならない。

この点、日米同盟がありながら、集団的自衛権の行使の是非を議論する日本は不思議な国だ。多くの国では、日本が集団的自衛権の行使をするといったら、同盟関係がありながら集団的自衛権の行使を認めなかったこれまでの「非常識」を、世界の常識に変えるくらいにしか思わない。

本コラムで何度も指摘しているが、集団的自衛権の行使は、①戦争のリスクを減少させること(最大40%程度減)、②防衛費が安上がりになること(自前防衛より75%程度減)、③個別的自衛権の行使より抑制的(戦後の西ドイツの例)から望ましいのだ。

このような事情があるので、世界の国では、日本の集団的自衛権の行使について、ほとんど国が賛同している。ここ1、2年のニュースを調べただけでも、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシア、ミャンマー、インドなどの国のほか、EU(欧州連合)、ASEAN(東南アジア諸国連合)も賛同のコメントを出している。

つまり、世界では集団的自衛権は広く認知されている。

以下長文につき、リンク先参照

続きを読む

【マスコミ】NHKの“民営圧迫”をMBS河内新会長がメッタ斬り[7/25]

1 : アフィカス m9(^Д^)定職につけよ ★
だんまりはできない! 毎日放送(MBS)は23日、大阪市内で新会長・新社長就任会見を開き、新会長に前社長の河内一友氏(68)が、新社長には常務の三村景一氏(60)が就任。その会見で河内氏はNHKに物申した。

 まずは、昨年5月に放送された「クローズアップ現代」の「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」などで指摘されたやらせ疑惑について。

 取材した記者、役員などが大量に処分された一方、「やらせ」ではなく「過剰な演出」があったという調査報告書がまとめられた。放送倫理・番組向上機構(BPO)で理事を務める河内氏は「かなりクロやろなと個人的にはそんな印象を受けました」と断罪。灰色幕引きを狙うNHKにガマンならなかったようだ。

 次いで、昨今のNHKが視聴率至上主義に走る姿に注文をつけた。

「民放連の会長もおっしゃってたようなんですけど『民営圧迫』だと思うことが多々あります。我々民放がいろいろ開発してきたことをNHKがやっている」とバッサリ。

 その一例がゴルフ中継だという。ティーグラウンドの背景にはスポンサー名の入ったボードが設置されていることが多く、現在はNHKも取り入れている。「実はあれは四十数年前に我々が考えた手法。できるだけ名前がカメラに入ったら(スポンサーから)その分お金もらえるんじゃないかなと考え出した」と苦労の末に編み出した宣伝方法だったという。

 それだけに河内氏は「あのとき(C)(著作権)を取っておけばよかったな」とNHKの丸パクリを批判。「視聴率(狙い)でない、いい番組をNHKさんには作っていただきたい。一民放事業者としてだけでなく、一国民としても思う」とも語った。

 忌憚(きたん)のない意見を言うことで知られる河内氏。受信料を払っているだけに“みなさまのNHK”に原点回帰する日を期待していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00000014-tospoweb-ent 依頼http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1437580383/376
続きを読む
PR
最新記事(画像付)
記事検索
PR